読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yellow Submarine

亮ちゃんと関ジャニ∞が大好きな主婦が気ままに気が向いた時、言いたいことが出来たらそっとささやきます

清洲会議

昨日、「抱きしめたい」のチケットを買いに行ったあと観ようと思っていたのに、家族が皆出払うということでお留守番になってしまい今日観に行ってきました。

この映画評判がいまいちなのかな
どっかでそんなのを読んだ覚えがあるんだけど、いやいやとっても面白かった

三谷監督の作品は恥ずかしながらこれが初です。
時代劇好きっていうだけあって、登場人物の細かいとこまで描かれてて面白かったなぁ。

秀吉の胡散臭さや柴田勝家の泥臭さ、丹羽長秀のかしこさ、お市さまのしたたかさ、秀吉を支え続けた寧々さまの健気さ、前田利家の複雑な気持ちとか全てちゃんと描かれててあっという間の138分だった。
まあ、キャスト陣もすっごい豪華
あまり俳優さんを知らない私が観ても知ってる顔ばかり。しかもかなりピタッとハマってた。

私、役所広司さんって好きな俳優さんの一人なんです。役所さんを知ったきっかけは大河の「徳川家康」で織田信長をやっててすっごくカッコよかったのを今でもはっきり覚えてます。なので織田信長=役所広司って図式が私の中であって、今回の柴田権六は織田信長とは反対の人物なのでどうなんだろうと思っていたんですが、なんの違和感もなく柴田権六でした(笑)
さすが役所さんだなぁ〜ってつくづく思いました。

余談になりますが、私の中でモーガン・フリーマンの出てる映画はまず間違いなく面白いというのがあるんですが、役所さんも今回の映画で私の中でそういう一人になりましたね。

多分、この作品を観るのって私の様に歴史好きな方か三谷監督の作品が好きな方の2パターンが大半を占める気がするんです。丁度私の隣で観ていた方がお子さんといらしてて観終わったあと「面白かったぁ〜。織田信長の出てるDVDってあるのかなぁ〜」ってお子さんに話しかけていたので、三谷監督の作品のファンなんだろうなぁ〜と。この映画に出てくる人の簡単な人物像とかなくても面白いんだぁ〜と思いました。

とても良い映画でした。

ああ、来年の大河で岡田くんがやる黒田官兵衛も出てましたよ。寺島進さんでした
黒田官兵衛、まあ食えない男ですね。岡田くん、楽しみです