読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yellow Submarine

亮ちゃんと関ジャニ∞が大好きな主婦が気ままに気が向いた時、言いたいことが出来たらそっとささやきます

旅の想い出

今日の「ありえへん」で久々に聞いた杉原千畝
この名前を初めて聞いたのはもう20年近く前。
アメリカからの帰りの飛行機だったか、ヨーロッパへ向かう飛行機だったか忘れてしまったけど、隣に座っていた外国人の初老の男性に「あなたは日本人ですか? 」と声をかけられた。
「はい、そうです」と答えると、彼は手持ちのカバンの中から新聞の切り抜きをみせて「この人日本人です。知ってますか? 」と聞かれた。それは初めて見る人だったので「知りません」と答えたら、その人物の話をしだした。「彼の名前は杉原千畝。私たちユダヤ人の命の恩人です。彼が第2次世界大戦の時に私たちユダヤ人にビザを発行してくれたおかげで沢山のユダヤ人の命が助かりました。」っていう様なことをかなり長い時間話してくれました。その時、そんな立派なことをした人のこと、知らなかったという驚きと恥ずかしさを覚えたこと今でも覚えています。あのおじいさんと話さなかったら、もっと長い間知らずに居たとも思います。帰国後、早速調べました。その後、TV番組とかでも杉原千畝さんのことを取り扱う番組をいくつも観てはあのおじいさんのことを想い出しています。
おじいさん、素敵なお話をありがとう。
別れ際、おじいさんはこんな出会いもきっと杉原千畝さんのお蔭だね。と笑って言って下さいました。今でもあの時のおじいさんとの時間は私の旅の想い出となって残ってます。