読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yellow Submarine

亮ちゃんと関ジャニ∞が大好きな主婦が気ままに気が向いた時、言いたいことが出来たらそっとささやきます

渋谷すばるという存在

初めて渋谷すばるという存在を知ったのは、随分前のことです。
すばるくんがまだJr.の頃。
面白くって、可愛くってすばるくんを観るのがかなり楽しみだったJrの番組。
まあ、家事をしながらだったので、ずうっとTVの前に座って落ち着いて観てたのはちょっと違うかもしれないけど。そんなわけで、この番組で、すばるくんとタッキーと秋山純くんを覚えた。あんだけ観てたのにたった3人
8時頃にやってたはずだから「8時だJ!」かなぁ〜と思ってるんだ。
そして、楽しみだったJr.の番組がいつの間にか終わってて、すばるくんの存在も記憶の奥底にしまわれてしまった。。。

その後、エイトの名前だけはなぜか聞いたことがあった。育児の合間にWSで観たんだと思う。
デビューをきっかけに「8」を無限大の可能性があるって意味も込めて「∞」にしたんですよねと言っていたのを見たなぁ〜。そして、次がファンとの一緒のレコーディングってのをね。「ひとつのうた」だね。でも、こういうのが全て繋がったのは関ジャニ∞のことをちゃんとわかってからのこと。記憶の中にあった点がひとつの線に繋がったという感じ。

エイトとして、最初に知ったのは亮ちゃんとヒナちゃん。
その頃、チャンネル権は全く持ってなかったので、テレビを観ると言うことを殆どしなかったんだけど、子供もパパも出かけてて一人だったので、久々に観たのが「帰れま10」の冷凍食品の回。
亮ちゃんが「村上くんあけるで いい 」と聞く姿とか、チャーハンがあまりに美味しくて大皿ごと自分の元に持ってきて美味しく食べようとした時に、ヒナちゃんが「亮、大丈夫か 半分食べようか 」と言われ、「なんで 」と答える亮ちゃん。もうこの辺りで、この子可愛い って思った。んでヒナちゃんが「まだこの後もあるんやで」みたいなことを言ったら「今食べたいねん」って、これにはズキューン でしたね。本当に可愛かった
それからは、エイトの出るバラエティは観ました。
でも、どうして歌だけはさけて通ってたの
昔のジャニーズのイメージが強かったので、歌はいいやと思ってたんだ。
なのでエイトが出てても歌番組は観なかったよ。

んでも、運命の時がちゃくちゃくと近づいてきた。
最初のきっかけは「レコメン」。よこが「錦戸亮が作った」としきりに言うのでじゃあ、5大ドームのDVD買ってみようかなぁ〜と思って、なんと通常版ではなく初回限定版を予約
3月の下旬、5大ドームのDVD着ましたよぉ〜 ところが観る決心が中々つかず、開封だけして本棚に飾っておきました。4月になってやっと観る気になって再生。
ところがですよ、そこには想像と違った世界が広がっていて、あまりのショックで「宇宙に行ったライオン」までしか観れないんです。
だって、すばるくんが すばるくんがぁ〜
Jr.の頃可愛かったすばるくんが居て、しかもメインで歌ってる
歌が想像の域を超えた上手さ
関ジャニ∞ってバンドやるんだぁ〜
えー、この感じ思いっきり好きかもぉ〜
と、思ったはものの何度「宇宙に行ったライオン」までで止まったことか
だって、ちゃんと観たらダダはまりしそうな予感が
1週間くらいは、「よぉ〜し 今日は最後まで観るゾォ〜 」と思って観ても、結局は勇気があと1歩足りなくて結局はいつも通りという日々が続いていました。
それでも亮ちゃんの「パパドル!」が始まる前までには一通り通して観て、もうすっかりエイターの仲間入り状態でした。
すばるくんのあの歌がなかったら、未だにバラエティで観てるだけで満足していたと思います。私にとって、亮ちゃんも大切だけど、ここまでエイトにハマったのはすばるくんのあの歌があったからなんです。大きな、大きな存在。すばるくん、大好きだよ (亮ちゃんの次だけど)