Yellow Submarine

亮ちゃんと関ジャニ∞が大好きな主婦が気ままに気が向いた時、言いたいことが出来たらそっとささやきます

待ちに待った久保田利伸

関ジャムが始まるって聞いてから、関ジャムのサイトが出来てから、本当に幾度となく『久保田利伸さんをゲストにお願いします』と書き送ったことか。

久保田がデビューの頃からずっと聴いていた。

なので、今日の出演は本当に嬉しくて (*^-゚)vィェィ♪

 

出来るなら、お話しよりも歌をもっと聴きたかったなぁ。。。

 

話って部分で言うと、New Jack Swingの話をもっとしたそうだったな。

久保田がNew Jackって言った時にヒナちゃんが質問しちゃったからその話はボビー・ブラウンのMVが終わってからチラッとしただけで終わったけど。

本当に一世を風靡したからね、New Jack Swing。

最近のノリの時に2つのMVでR.ケリーの曲が紹介されてたけど、彼もデビュー当時はNew Jack Swingのノリだったからね。

これが久保田の言うところの流行の移り変わりなんだろうなぁ。

R.・ケリーは流行ということに対して非常に鋭い嗅覚を持っていると言われている人なので、長い間第1線で活躍してるんだろうな。

この方に関しては、近いうちに書きたい。

と言いつつ、以前にも1回書いてますね。コチラ

男性R&Bシンガーで最も好きなアーティストさんなのでね、まだまだ色々と書きたいことが沢山あるんです。

 

そして「オマージュ」。前に『王様クリニック』に関して書いた時にこの曲を聴いた時、どこかで聴いた事ある云々って書いた覚えがあるんだけど、まさにコレ!です。

R&Bを聴いていると本当によくあることで、久保田が例にあけたMary J. Bligeの『Everything』はわかりやすくソレでしたよね!

この曲が入っているのが『Share My World』ってMary J. Bligeの3枚目のアルバムで最初に聴いた時に本当にここまで使って良いの⁉と思ったし、友達ともあの曲って話を当時よくしてました。

このMary J.は私の好きな女性R&Bアーティストなので、今日久保田は男女とも私の大好きなアーティストをあげてくれていたという、嬉しい出来事だった。

 

そして、久保田の歌を歌うすばちゃん。

やっぱりすばちゃんはロックの人なのねとしみじみ思った。もそっと器用かと思ったんだけど直線だったわ。

ヒナちゃんの方が久保田よりなのかな。。。?

ヒナちゃんは久保田の曲聴くって言ってたってのも関係するのかしら。。。

 

もっと、もっと、久保田の話聞きたかった。もっと突っ込んだ話聞きたかった。

もっと、もっと、久保田の歌聴きたかった。

 

 

 

 

 

 

すっごく久々なのに、ちょっぴり負の要素

どうも、とっても久々です。

と言うのも、会社での昼休みにここを開けなくなったからなんですが。。。

元々、頻繁に書くタイプではないのに、会社で開けないとなると余計足が遠のいて。

色々と書きたいことはあるんですが、今日はここ何か月か気になってことを。

負の要素が入ってしまいます。

 

最近、エイトの人気が下降気味な気がする。

『パノラマ』の売上がいまいちだった気がする。

リサイタルのDVD&Blu-rayもしかり。

そして、気になるのは冬のコンサートツアーのチケット。

去年までは、もっと入手困難なイメージがあったんですが、今年は大体の方が手にしている様な。

そりゃあ、行きたい人、皆さんが行けるのが1番だと思うんです。

それが1番良いことなんですが、今年ってチケット探してますって人よりチケット譲りますって方をよく見かけるんです。

これって、エントリー数が減ったために、友達とダブって当たってしまったというパターンだと思うんですよね。

エントリー数が減ったって。。。

 

って所から心配しているんです。

取り越し苦労だったら良いんですが。

 

もし、もしですよ、来年の冬のツアーの縮小とかなったら嫌だなぁ。。。と思ってるんですよ。でも、もし今年のエントリーが減ってて、CD及びDVDとかの売上がこのままだとそれは来年のツアー確実に縮小すると思うし、下手したら夏のリサイタルもやらなくなるんじゃないかしら。。。と心配している次第です。

どうしたんだろう、エイター⁉

 

 

亮ちゃん、誕生日おめでとう♪

うっ、遅くなってしまった(-_-;)

 

亮ちゃん、32回目のお誕生日おめでとう?

 

私が亮ちゃんを初めて観てからもう5回目の誕生日です。

あの頃は、全く芸能人に興味がなくTVも殆ど観ない生活を送っていたのに

たまたま付けたTVに出ていた亮ちゃん。

そのおかげで、今私の生活のかなりのウェートを占めるまでになってしまってます。

 

最初の頃は、TVに出ててもあんまり喋らずにいたのに田畑智子さんが出た『ジャニ勉』で、あんなにいっぱい話す亮ちゃんを観て驚いたものでした。

今は、前よりも随分と話してくれる様になって、嬉しいです。

これからも色んな亮ちゃんの顔を見たいな。

 

そして、これは最近、思ってることなんだけど、亮ちゃんはエイトの音楽面のプロデュース的なことをどんどんとやっていきたいのかな。。。と。

今はそのためのお勉強期間ってとこなんでしょうか。。。?

最近の亮ちゃんのエイトの音楽とのかかわり方をみて、そんなことを思いました。

12月のシングルでやった亮ちゃんが立ち上げた曲、とても楽しみにしています。

 

ここんとこ色んな魅力が公の場に映し出される様になった亮ちゃん

これからもどんどん良い男になっていって下さいね。

いつまでも付いて行きます。

 

今年1年が亮ちゃんにとって素敵な1年になりますように。

 

改めて

 

Happy Birthday , Ryo-chan‼

『王様クリニック』

昨日のジャムも凄かったんだけど(ヤスバの歌が特に)、まずは『パノラマ』について

書きたい。と言っても書きたいのは『王様クリニック』のこと。

 

この曲、久保田が作詞・作曲、そしてプロデュースまで一手に担ってくれたというので発売前から大注目の1曲でした。

 

エイトのシングルを買うと、まず特典のMVとメイキングを観てからウォークマンに通常盤を落として、翌日から通勤のお供にというのが通常パターンなのですが、今回はMVとメイキングを観た後、コンポに通常盤をセットして大音量で聴きました。

だって、久保田の作った曲、早く聴きたかったんだもの!

 

イントロから、久保田サウンド炸裂!

けだるい感じがするトラックでノリノリ♪

ノリノリのまま1回目の視聴終了。

続いてtornの『Steal your love』を聴いたんだけど

気になるのはやっぱ『王様クリニック』!

 

ということで、今度は『王様クリニック』だけを聴いた。

 

何か聴き覚えがあるようなないようなトラック!

この曲を聴いていると1990年代の音楽シーンを思い出す。

 

この聴き覚えがあるようなというのは、当時のなんらかの曲をサンプリングしている可能性があるということが思い浮かんだ。

では一体、どの曲をサンプリングしているのか!?

可能性がありそうな曲を色々と聴いてみたが似てるけど違う。

今の段階ではどの曲っていうのはまだ端的には言えない。

サンプリングしてるのではというのは、私の勘違いで

90年代風なだけで久保田の完全なオリジナルの可能性もある。

でも、確実に言えることは、『王様クリニック』は、HIP-HOP 黄金期とも言える

1990年代のサウンドをモチーフにしてるということ。

 

あのドラム音や「ピーヒャ」って鳴る当時よく聴いたあの音。

HIP-HOPだけじゃなく、当時のR&Bの曲にもよく使われていた。

とても耳馴染みが良い懐かしい気持ちを抱かせる1曲だ。

 

そして、しばらく『王様クリニック』の旅は続くと思う。

あの耳馴染みのあるトラックが解明されるまで『王様クリニック』を聴き続けるだろう。

関ジャム完全燃SHOW! さだまさし 2回目

さだまさし

かつて夢中になって聴いていたひとり。日本人のアーティストさんで自分発信で聴き出したのはさださんと中島みゆきさん、そして今でも聴いている久保田利伸の3人。

他は友達の影響で聴き出した人たちです。

なので、さださんへの思い入れはかなりあります。

この人の曲の特徴として私が好きなのは歌詞。

さださんを好んで聴いていたのは中学・高校生の頃。

当時、漫画は沢山読むけど小説は読まない私にとってさださんは漢字の先生でした。

関ジャムのさわりでやった「案山子」もこの漢字で『かかし』と読むと教えてくれたのはさださんです。さださんは、本当に独特の語感というものがある気がします。

今回歌った『主人公』の中にも茶店と書いて「テラス」と読ましてたり(まあ、これはさださん独特の当て字になるけど)、旅行案内と書いて「ガイドブック」と読ませたり

地下鉄とかいて「メトロ」と読ませたり、中高生の頃の私にはどれも新鮮でさださんの歌詞を読むのがとても楽しかったのを今でも覚えてます。

それとさださんの事で忘れられないのが、高校生になった頃、部活の先輩がさださんの『精霊流し』を聴いて涙したことです。

人の歌を聴いて涙する人が居るんだ!と当時かなり衝撃でした。

今では自分もすばちゃんの歌でしっかり涙する人になってしまってますが。。。

 

さて、今日のセッション。

『主人公』さださんファンの中でも人気のある曲。

私が聴いていた頃から、この曲は本当に人気ありました。

私も好きな曲の1曲です。

亮ちゃんが歌うと言うので、どんな感じになるのかなぁ。。。と思っていました。

う~ん。。。私の『主人公』のイメージとは違ってたなぁ。。。残念なことに。。。

出来るならサビはさださんで聴きたかったなぁ。。。と

あっ、でもさださんが歌う『主人公』という歌を幾度となく聴いてきてさださんの印象が強いので、なんか違うと感じてしまうんであって

初見のエイターさんにはきっと違って聴こえたと思います。

あの歌い方をするのだったら、さださんのだと亮ちゃんには『飛梅』を歌って欲しいかも。。。あっ、これは私がさださんの曲で1番好きな曲なんです。

 

多分なんですが、さださんを聴いていたのは6枚目アルバム「うつろい」までだと思います。

と、どうでも良いことをつけ足したりして イヒヒヒヒヒ

 

今更ですが、色々な発表がありましたね

新潟最終日も終わり、いよいよ冬のツアーの申し込みもスタートしましたね。

新潟最終日、実は友達と私1枚だけチケットが舞い込んできたんです。

2人居るのに1枚なので、どちらかは行けないんですが。。。

んで、この夏のリサイタルの状況

友達→埼玉2回

私→千葉1回、埼玉2回

という事で、友達に行ってもらいました。

そこで、新潟へと旅立った友達から色んな情報が入ってきて次の日にやって正確な情報がわかった。友達が入ったのがオーラスだったので、1部で発表された内容を100%正しくは理解してなかったみたいで、翌日のWSで初めて正しい情報を知ったという。

でも、十分冬コンがあるっていうのと、ヨコの映画の主題歌をやるってのは伝わったんで嬉しい報告を聞けたので大満足でした。

ただ、この嬉しい報告の中にアルバムが出るという報告だけがないんですね。

アルバムリリースの無いツアーかぁ。。。と思うところはありますが、今はメンバーが皆忙しくしているので、スケジュールが合わなかったのかな⁉

『罪と夏』に「The Light」が入った時点で違和感はあったんですがね。

亮ちゃんは今日、既に地方に居るみたいだし、撮影が始まるのだろうか。。。?

アルバムが出ない代わりに随分と早いリサイタルの映像化に驚きを隠せないでいます。楽しみは楽しみなんですが、雑な編集はやめて欲しいなぁ~と願うばかりです。

どうせなら、今まで出したMV集なんて出してくれたら嬉しかったのに。

まだ、エイトはMV集出したことないですよね!

あったら嬉しいのに。そうしたら、あっちこっち漁らずに済むのになぁ。。。

これは前から願っているのに、いっこうに実現しない。

実現して欲しいので、もう一度

 

エイトの今までのMV集が欲しい!

 

言霊、言霊

 

真田十勇士

昨日、時間があったので『真田十勇士』観てきました。

 

ここ何年かで観た時代物の中で、1番フィクション性が高かったですが

それは、真田十勇士自体が、架空の人物についてなのでそれはそれでしょうがないんだろうということを踏まえると中々面白い映画でした。

 

加藤雅也さん演じる真田幸村がカッコいいばかりに凄い戦士に見られてしまうという設定からして笑ってしまって。全く軍才のない幸村を支える中村勘九郎演じる猿飛佐助と松坂桃李演じる霧隠才蔵が真田軍の戦略を練る。この2人、本当に切れ者だし忍者だから身のこなしが凄い。で、十勇士なので、残り8名のうち7名は本当に腕利きで戦の場面で大活躍という。痛快な話でした。十勇士の最後のひとりは、豊臣秀頼によく似てるというので、身代わりをさせられたりと、堤監督らしいユーモアたっぷりの作品でした。

 

それにしても松坂桃李霧隠才蔵のカッコいいこと!

語彙が少ない私ではとてもあのカッコ良さについて説明できませんが

本当にカッコ良かったんです。

真田十勇士』を見に行って良かったぁ~と思ってしまいました。

真田十勇士』は勿論観るつもりはあったんですけど大好きなトム・ハンクスの『ハドソン川の軌跡』も観たいなぁ。。。と思ってて、良い席が取れそうな方を観ようと思って映画館に行ったんです。そしたら時間的な余裕もあって『真田十勇士』の方がまだ良い席が取れそうだったので、そっちを観ることにしました。そのうち『ハドソン川の軌跡』も観ることになると思います。